リフォーム・リノベーション

  • >
  • リフォーム・リノベーション
  • >
  • リフォームQ&A

リフォームQ&A

リフォームについてよくある質問をまとめました。
項目をクリックすると回答がご覧いただけます。

予算内できちんとリフォームするコツは?
現在のお住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをおすすめします。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切り取るなどしてお打ち合わせにご活用下さい。具体的なイメージやご希望をお伺いして、お客さまのご希望に叶ったリフォームプランをご提案いたします。
工事費以外でかかる費用はありますか?
はい。諸経費などが必要です。
仮住まいが必要な場合は、家賃やお引っ越し費用がかかります。また、ローンをご利用の場合は、事務手数料が必要です。仮住まいの手配やお引っ越し、お手続きなどまずはお気軽にご相談下さい。
古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいいですか?
リフォームで新築より高額になる場合やかなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。ただし、建て替えとなると取り壊し費用、2度のお引っ越し費用や仮住まい費用、登記の費用などが必要です。
ご予算を超えてしまう場合や急を要する場合などはリフォームで対応が可能です。まずはご相談下さい。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なり、より厳しい規制を受けて建て替えると現在のお住まいよりも狭くなる場合などもリフォームをおすすめします。
増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
増築する部屋のご使用の目的はもちろん、外観も大切なポイントです。1階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築は比較的費用を抑える事ができますが、天井が低くなってしまったり、というデメリットがあります。
逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。
また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。
リフォームで防音・遮音対策はできますか?
はい。できます。
壁は、ボードを二重貼りにしたり、グラスウールを入れたりするなどの方法があります。床の場合は、下地を二重床にしたり防音フローリングを用います。また、プランニング時に水廻りの壁の横に収納を配置するなども、水音などを軽減するのに有効です。
オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具を採用する事で充分に遮音できます。広さによってはユニット型の防音室の設置も可能です。
リフォームで住まいの断熱はできますか?
断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れたり、内付けサッシを取り付けたりなどいくつか方法はあります。断熱だけでなく、快適なお住まいとなるよう防湿対策、通風、換気なども含めたリフォームプランをご提案いたします。
健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?
床材では、天然無垢材のフローリング。また、低ホルムアルデヒド規格基準に合格した合板があります。これは、JASの定める基準でF☆~F☆☆☆☆までの区別があり、最もホルムアルデヒドの含有量が少ないのがF☆☆☆☆です。畳では、備長炭入りのものもあります。壁材では、しっくい壁、珪藻土などがあり、断熱性や調湿性に優れています。また、壁紙では壁紙工業会が定めるSVマーク、RALマークなど安全規定を満たした壁紙につけられるマークがあり、このマークのついたものはホルムアルデヒドなどの化学物質が低レベルに規制されています。
有害な化学物質が発生しやすい部材って何ですか?
構造躯体に使われる合板、パーティクルボード、合板フローリングなどに使われる接着剤、塗料の溶剤、ビニールクロスや合成樹脂の床材に使われる可塑材、また、木材の防腐、防蟻のための薬剤などが挙げられます。
ただし、最近では研究も進み、化学物質を極力含まない建材も多く開発されており、丸美D&Cでは健康に配慮した建材を使用しています。
住みながらでも工事はできますか?
はい。可能です。
一戸建て住宅でもマンションでも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。ただし、水廻りなどの工事では、数日間キッチンやバスルームが使えなかったりという不便な面がでてきますので、考慮していただく必要はあります。
デッドスペースを利用して収納を増やしたいのですが?
小屋裏空間や階段の下などが、まず、挙げられます。
また、1階だけでなく、2階に設置可能な床下収納も種類が豊富にあります。お客さまのお住まいに合わせて、収納プランもご提案いたします。
家具は造り付けとユニットとどちらがいいですか?
造り付け家具は、スペースや物に合わせてピッタリ造れるのが魅力です。ただ、注文してから時間がかかる、躯体に造り付けてある場合は移設ができない、コストがかかるなどのデメリットもあります。材料によりかなり費用的に変わってきます。
ユニット家具は、造り付け家具ほどスペースを有効活用はできませんが、工場生産品のため、品質もよく、比較的低価格で、あとで買い足したりも可能です。お客さまのお住まいやご希望に応じて、最適な家具をご提案いたします。
高齢者に配慮して安全性を高めるポイントは?
1.トイレのドアは引き戸か外開きにする。
2.ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
3.階段は、可能なら広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。
4.わずかな段差がつまづきやすい。段差をなくして平らに。
5.浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。
6.階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
7.玄関や廊下、バスルーム、トイレ、階段に手すりをつける。
8.車イスで廊下や出入り口を通るには、75cm以上の幅が必要。
9.床材選びは慎重に。滑りにくい材料にすると良いです。
以上のようなポイントがあります。
住宅・建築物の省エネルギー基準や長期優良住宅に対応した住まいにリフォームできますか?
はい、できます。
環境に配慮して、冷暖房コストがお得になる住宅・建築物の省エネルギー基準や、税制優遇が受けられる長期優良住宅へのリフォームもできます。ただし、認定基準をクリアするものである必要があります。まずはご相談下さい。
認定基準については国土交通省のホームページをご参照下さい。
地震が心配なので、耐震診断や補強工事をしたいのですが、リフォームで対応可能ですか?
はい。可能です。お気軽にご相談下さい。耐震診断の結果、最適な補強方法をご提案します。

〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通三丁目21番地  TEL:052-851-3516 FAX:052-851-6002

Copyright © 2018 MARUMI D&C. All Rights Reserved.