住まいのミニ知識

  • >
  • 住まいのミニ知識
  • >
  • 住まいの構造・工法

住まいの構造・工法

家を支え、地震や台風からご家族の命と生活を守る構造体は、住まいを考える上でとても大切な要素です。
木造一戸建て住宅の代表的な2×4工法(木造枠組壁工法)と在来工法(木造軸組工法)、混構造(木造+鉄筋コンクリート造)について解説します。

2×4工法(木造枠組壁工法)

2×4工法(木造枠組壁工法)とは、北米において発展した木造住宅工法で、断面寸法が2インチ×4インチの木材で枠を組み、それに構造用合板を貼ったパネルなどにより、床、壁、天井の6つの面で建物を支える工法です。 製材で組まれた枠組に構造用合板などを張った壁を釘や金具で緊結し、建物全体を一体の箱型にして組むため、非常に強固な構造をもつのが特徴です。

メリット
  • 構造用合板による断熱性や気密性の向上が図れ、省エネルギー性が高い。
  • 地震などで加わる力を面で分散させ支える構造なので、耐震性に優れている。
  • ファイヤーストップ構造により、火災のとき火の回りが遅い。
  • 施工品質にバラつきが生じにくい。
  • 施工が容易なので、工期が比較的短い傾向にある。
デメリット
  • リフォームの際に、大掛かりな間取り変更や水廻りの移動がしにくい。

在来工法(木造軸組工法)

在来工法(木造軸組工法)とは、国内でもっとも多く採用されている工法です。近年は、接合部の補強金物の普及により、以前より強度や耐震性能も高くなっています。
構造は柱や梁といった木の軸材(線材)で構成されます。柱は上部の構造体を支え、梁は水平材として屋根・床などの重量を支えます。地震や台風などの横からの力は斜材として筋かいなどが分担します。

メリット
  • 間取りやデザイン等への制約が少ない。
  • ローコストからハイエンドまで予算に応じた施工が可能。
  • 2×4工法に比べ間取り変更や増改築が比較的容易。
デメリット
  • 完成度の高いものを建築するには、高度な技術が不可欠。熟練した技術者が必要。
  • 工期が長くなり大工の人件費も増加する。

混構造(木造+鉄筋コンクリート造(RC造))

木造と鉄筋コンクリート造の構造を併用する建物。
1階RC造(またはS造)で2階以上木造という断面的に分かれている場合や、平面的に一部RC造(またはS造)他木造というように併用した構造です。

メリット
  • RC造部分は、柱を使用せずに建物を支える事ができるため、自由度が高く、広さを確保できる。
  • 狭小地や傾斜地、道路との高低差がある土地や崖地など、擁壁の代わりにRC造とする事で土地の形状を活かし、有効に活用する事ができる。
  • RC造部分は、地下室やビルトインガレージなどに最適。
デメリット
  • リフォームが容易ではない。

〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通三丁目21番地  TEL:052-851-3516 FAX:052-851-6002

Copyright © 2018 MARUMI D&C. All Rights Reserved.